その可能性はすでに考えた

 

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

 

 孤立した宗教団体で発生した大量殺人・・・というか虐殺を「恋と禁忌の述語論理」にも登場した探偵・上苙丞が解決、と言うかなんというかという話。

恋と禁忌の述語論理と同様の各章で別々の探偵役とメインの探偵である上苙丞が対決するという構成となっております。前作ではそれぞれ別の事件だったのが今回は同一の事件に対して別の仮説を連続で出されてそれを論破する形となっているためより今風な感じと言えるでしょうか。

 

それぞれ提示される個別の仮説とそれに対する反論はそれなりに面白く、最終章の展開自体はそう来るか!と言うようなアイデアでした。面白いのは面白いのだけどバレバレのほうの仕掛けは単なるミスリードというこの作者の悪癖といっても良い仕掛けのせいでイマイチ素直に楽しめませんでした。

 

特に最後のオチというか真相っぽく語られる推理って動機面から考えるとおかしくないですかね。死体の移動は不可能状況にならないといけないけど、殺害そのものは不可能状況にはなってはいけないはずでそれを無視した殺害方法になっているのはなんというか作劇上の都合を超えてトリックの瑕疵といっても良いレベルではないかと思います。

恋と禁忌の述語論理

 

恋と禁忌の述語論理 (講談社文庫)

恋と禁忌の述語論理 (講談社文庫)

 

 最近もドラマ化等で話題の井上真偽のメフィスト賞受賞作。天才数学者が論理学を駆使して、既に解決した事件を「検証」する。

 

入れ替わり立ち替わり突飛な名探偵が現れて、事件を解決するものちに検証されると言う構造は最近よく見る多重解決ですがストーリーの仕組み上当初の解決が誤っているのはほぼ確実なので、推理のポイントとしてはどこが間違っているかを探ると言うことになります。

それを数理論理学を用いて検証していくということなんですが、書いてある数理論理学の説明が理解出来なかったせいでしょうけど、これ数理論理学関係なくない?

終盤の展開については作者の第二作と比べてもよく出来ていると思います。特に主人公の語る事件の詳細を100%信じる根拠みたいなのが素直に飲み込めるようになっているのは良いなとおもいました。

叙述トリック短編集

叙述トリック短編集

叙述トリック短編集

 

 叙述トリック叙述トリックであること自体を明かしてしまってはいけないと言う前提に立ち向かう意欲作。すべての短編に叙述トリックが仕込まれているということを宣言し、なお読者を驚かせられるかという挑戦。

  •  ちゃんと流す神様

トイレのつまりを人知れずなおした神様は誰か・・・と言うお話。

いろいろ考えなければいけない要素が多いということと、露骨なミスリードに引っかかったこともあってまったくわかりませんでした。

わからなかったからいうわけでもないですけど、これなんとなく良い話っぽく落としていますけど、これ推理可能かどうか以前に実行可能ですかね?構造的にちょっと無理なんじゃないかなとか、犯人がそれを実行しなければならないと判断した状況が想定できないとかいろいろ疑問が出る話でした。

当たり前と言えば当たり前ですけど、この作中の事件に該当することって作者たぶんテストとかしてないですよね。

これはさすがにわかった。むしろこれで良いの?と思ったくらい。あと勘違いかもしれないですけど、66ページの記述「僕は四月四日生まれで、妹は三月二十八日」と言うのはこれ逆じゃないですかね?もしミスならこの短編集だと致命的では。

 

  • 閉じられた三人と二人

えっそれだけ?これも推理可能になってるかなあ。

 

  • なんとなく買った本の結末

森博嗣の言うところの「逆トリック」なわけですけど、これもやっぱりトリックとして成立していないのでは。作中のガジェットを使わないでも同様のトリックを実施できるわけですから(該当のガジェットを使用しない同様のトリックを見たことある気がする)、おかしいですよね。

 

  • 貧乏荘の怪事件

最高にくだらないのだけど、これは笑った。

読者への挑戦状のヒント通りにやっていれば必ずわかるというところも好感が持てる。

 

いやこれ不可能でしょ。特別な訓練を受けた人間って設定ならまだしもそういう設定はないわけで。

 

キングスマン

事前に「キックアス」のマシューヴォーン監督作品であることは知っておく必要があるかなと思います。あのノリがダメだった人はダメという結構はっきりした映画だと思うので。

最近スパイアクションの映画ばかり見てしまっているのでどうしても比較してしまうのですが、私自身が「キックアス」そのものは楽しめたけどあのノリにはついていけなかったせいかこれはあんまり楽しめませんでした。

やっぱこういうのってヒーローが格好良くキメないとダメじゃないかなあ。これだと宣伝の傘のアイテムも大口径の銃相手だと普通に貫通されて壊れちゃうんですよね。リアルなんでしょうけど、びっくりしました。

同僚の女エージェントとラブロマンス的な展開がまったくないとか骨っぽいストーリーは良いとはおもうのですが、やっぱ主人公がキングスマンになるところはもっとお涙頂戴で盛り上げるべきだったんじゃ無いかなあ。

あ、人種差別主義者とか卑劣な金持ちはみんな死ねと言う熱い主張をきちんと映像化するのは良かったと思います。邦画だとそのへん中途半端にしちゃうからね。

七つの海を照らす星

  •  
七つの海を照らす星 (創元推理文庫)
 

 次作のアルバトロスは羽ばたかないで大きく注目された七河迦南の第一作。

七海学園という養護施設の職員・北沢春菜が遭遇する様々な謎。連作短編の形式で春菜が遭遇する謎を時には福祉司である海王の手を借りて解決するストーリー。

今は亡き星の光も

連作の冒頭と言うことで自己紹介的な比較的おとなしい作品。こういうトリックで行きますよと言う挨拶みたいなもんですかね。

滅びの指輪

条件は説明されているので作中の条件としては可能なのでしょうが、現実として可能なのでしょうか。

・・・と思いましたが、細部は違いますが現実にこういう事件があったような気がします。

血文字の短冊

このトリックはどうなんだw

ミステリ小説というのは驚きがないといけないと思うし、そのためにはある程度の飛躍というか無茶は必要だとは思いますが、結構シリアスな話が続く中にこういうトリックを仕掛けてくる度胸というか気合いには脱帽です。

夏期転住

ここまで来るとある程度の傾向は読めていたので、ある程度は読めてきましたが、細かいあたりのトリックはわからなかった・・・と言うかしらなかったので作中で説明されるまでわかりませんでした。

裏庭

これはどうなんだろう。そもそも問題となった状況を見かけて不思議におもったりするもんなんですかね?

ああいうのって代々伝わっていってたりするもんじゃないかなあ。

暗闇の天使

素直にミスリードに引っかかっていたからじゃあないですが、これは第2話同様の飛躍トリックじゃないですかね。のちの作品を見る限り作者の味のようですが。

七つの海を照らす星

さて、連作短編の最終作としていままでの作品中で出てきた謎を一気にまとめ上げて驚きの結末に導きます。ここまで読んで、あー、そういう趣向だったのかあと素直に感嘆しました。結構強烈な脱力トリックとかもあるのでひとつひとつの短編としてみるとどうなんだろうと思うものもあるのですが、感動作になってるからまあいいかと思うのに加えて、構成として一つ前の短編に出てくるサブのトリックが次の作品のメイントリックのヒントになっている・・・と言うような形となっているため、アンフェア感はあまり感じませんでした。さて、次は話題作の「アルバトロスは羽ばたかない」。

楽しみです。

ヨハネスブルグの天使たち

 

ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

 

帯でポスト虐殺器官みたいな煽りが入っていたせいで先入観あったのだろうとは思いますが、なんか期待したのと違ったなあと言う印象の本でした。

初音ミク湾岸戦争に行ったゲームボーイグローバル化する紛争とかそういう今風の要素を組み合わせているように見えるのですが、それぞれの要素がイマイチ魅力的じゃなくて、もうちょっとサービスしてくれよという風に感じてしまいました。

連作短編なんですが、おもしろかったのは表題作ですかね。ラストの選択を強いられるのならば戦争でもしてたほうがマシなんじゃねえかとはおもいますが。

キッズリターン

 

キッズ・リターン [Blu-ray]

キッズ・リターン [Blu-ray]

 

 あの事件のあと、復帰第一作目ということになるわけなんですね。

今となってはあまり実感はないのですが、北野監督作品はコメディはいまひとつ失敗していて、バイオレンス作品は批評家の評価は高いものの、日本映画ファンはあまりバイオレンス作品が好きではないということもあって、興行収入的には苦戦していたそうです。

そういう事情もあって、北野武本人の出演なし、バイオレンスは控えめ、その割にコメディでもないと北野作品としては特異な立ち位置にある作品と言えます。

図らずもボクシングの才能があったためにボクサーの道を進むシンジと、普通で居られないがためにヤクザの道へと進むマサル。どちらも才能故に頭角を現しますが、それぞれの世界のよどみに足をとられて挫折してしまいます。そして伝説となった有名なラストシーンへ繋がる。

この映画自体がいろんなしがらみから生まれた制約だらけの映画のはずなのですが、新人二人を主演に立てての迫力あるボクシングシーンなど過激なバイオレンスを封印した故のおもしろさが出ているかと思います。

CSの北野武劇場でみたので、リバイバルのメイキングみたいなのがあとにあったのですが、主演の一人である金子賢が20年近くたって、登場してなんとなく映画の役と重なるような人生の紆余曲折と、今の風貌が重なって興味深かったですね。

あと当時はホモソーシャル的な盛り上がりがあったとのことなんですがそうなんでしょうか。北野作品に女が出てこないなんて当時でももうわかってそうなもんですが。